ペインクリニックとは?

「痛み」は身体に生じた異常を知らせる警告反応で、その痛みの性質強さ部位によって身体のどの部分に異常があるかを知らせてくれます。ところが警告反応である「痛み」そのものが、より強い痛みや新しい痛みを生み出す原因となり悪循環を招くことがあります。そのような場合「痛み」そのものを治療し、悪循環を緩和する「ペインクリニック」と呼ばれる治療法が用いられます。
ペインクリニックは患者さんの生活の維持と質の向上を最終目標に、身体的状況やライフスタイルを考えた治療内容を選択し行っていきます。

「痛み」に悩まれる前にまず相談

「痛み」に対する治療は早ければ早いほど治療効果は高くなります。慢性化したり「痛み」が強くなる前に我慢せず悩まれる前にペインクリニックを受診してください。

ペインクリニックの対象となる主な病気

(痛み)

全身の痛み
帯状疱疹、癌の痛み、慢性関節リウマチ、脳卒中後遺症の痛み外傷や手術後の痛み、反射性交感神経萎縮症、中枢性疼痛、骨粗鬆症、変形性脊椎症、(頚、背中、腰の痛み)
頭部の痛み
片頭痛、筋収縮性頭痛、後頭神経痛、眼精疲労
顔面、歯
三叉神経痛、顎関節症、非定型顔面痛、舌咽神経痛
頚肩腕部
肩こり、五十肩、むち打ち症、頚椎症、頚椎椎間板ヘルニア
胸背部
助骨神経痛、狭心症、心筋梗塞、肺塞栓症
腹部
腎結石症、尿管結石症、慢性膵炎、慢性内臓痛、月経痛
腰部
ギックリ腰、腰椎椎間板ヘルニア、変形性腰椎症、腰椎すべり症
会陰部
慢性肛門痛、慢性会陰部痛、痔核、尾骨痛
下肢
坐骨神経痛、腰部脊柱管狭窄症、変形性膝関節症
四肢
慢性動脈閉塞症、バージャー病、レイノー病、末梢神経損傷

麻痺けいれん

顔面神経麻痺、反回神経麻痺、味覚障害、嗅覚障害、末梢神経麻痺、顔面けいれん、眼瞼けいれん

循環障害

脳循環障害(脳梗塞、脳血栓)、突発性難聴、めまい、耳鳴り、メニエール病、アレルギー性鼻炎、慢性副鼻腔炎、網膜血管閉塞症、凍傷、床ずれなど

その他

自律神経失調症、更年期障害、多汗症、冷え性、血圧異常、過敏性腸症候群、アトピー性皮膚炎、神経性食欲不振症、神経因性頻尿、虚弱体質など

ペインクリニックで行われる主な治療法

患者さんの身体的状況やライフスタイルを考慮してより最適な療法を選択しています。

  • 神経ブロック療法
  • 薬物療法
  • 手術療法
  • 理学療法
  • 電気刺激療法
  • 東洋医学療法
  • 自律訓練法、行動療法などの心理療法